上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:

長らく当ブログのメインコンテンツである「ロックだぜ!鬼束ちひろ」をご愛顧いただいた皆様へ重大なお知らせがあります。


当ブログ管理人を務める私ミツすけは、鬼束ちひろ公式ファンクラブ「Welcome To Butcher Club」への入会を果たしてしまいました。大変申し訳ございません。


思えばここ数年の鬼束ちひろの奇行は「このようなメンヘラ歌手からは早く卒業してエ○ザイルでも聴いて若くて可愛いギャルと仲良くなってリア充になれ」という神からの思し召しだったのかもしれません。それを鬼束ちひろの奇行を面白おかしくブログに取り上げるだけに飽き足らず、あろうことか公式ファンクラブへ入会してしまうとは、神もさぞ呆れ返っていることでしょう。

しかしそれでも私は入会せずにはいられなかったのです。ここでその顛末をお話致しましょう。それはそれは長く苦しい旅路の果てに続く物語、褪せない物語なのです。


... 続きを読む
スポンサーサイト

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ 鬼束ちひろ 

年末より偉大なロックミュージシャンの訃報が続きました。レミー・キルミスター、デビッド・ボウイ、グレン・フライ、キース・エマーソン・・・。彼らに安らかな眠りが訪れ、残された音楽が輝き続けることを願っております。

かつてロックの世界では27歳のジンクスと呼ばれていたものがありました。ブライアン・ジョーンズ、ジミ・ヘンドリクス、ジャニス・ジョプリン、ジム・モリソン、カート・コバーン、近年ではエイミー・ワインハウスらがいずれも27歳にてその生涯を閉じたことにより、偉大なロックミュージシャンは27歳で死ぬと言われたのです。コバーンの母は彼らを「愚か者クラブ」と呼びました。

彼らの死はいずれも肉体の死でしたが、ミュージシャンの場合はもう一つ、精神の死があります。自らが歩んできた足跡、生み出した音楽、支えてきたファンを粗末にし目を背け裏切る、その時ミュージシャンは死ぬのです。

そしてこの日本にもそのような道を自ら選んでしまった者がいました。その名は・・・



そうです。鬼束ちひろです。



DVD化もされた渋谷オーチャードホール、ROCK IN JAPAN、これらのステージで圧倒的なパフォーマンスを見せた鬼束ちひろはこの時27歳。その後はアルバム『DOROTHY』や幾つかの佳作を残すものの、ステージ上ではガラガラ声の惨劇を繰り返し、化粧やtwitterなど場外での話題ばかりを振り撒いていました。いわば鬼束ちひろは27歳の時点で一度死んだのです。

その音楽に魅了されていた者達はそんな鬼束ちひろの変化を前にし、ある者は見切りをつけ離れ、ある者は復活を信じ待ち、またある者は失望を無理矢理笑いへと転化しブログのネタとしていました。そのいずれもが、どのような答えを出すにしろ、鬼束ちひろには自らの音楽と真摯に向き合うことを望んでいたことでしょう。

そんな中、日本橋は三井ホール、私の職場から僅か徒歩10分余のこの地にて、2年ぶりのライブが行われたのです。



... 続きを読む

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ 鬼束ちひろ 

柴田淳の15周年ライブに行って来ました。昔から存在は知ってはいましたし、相当な美人さんですし、暗めな音楽は概して好みの方なのですが、恋愛偏重な歌詞世界のせいかこれまでスルーし続けていました。
なにより、この系統では鬼束ちひろが圧倒的に好き過ぎて他に目が向かなかったということがあるのです。

それがなぜ急に柴田淳に目が向いたかというと、15周年ベストアルバムのジャケットの美しさに目が惹かれたのは否めない。そしてライブにまで行ってみようと思ったのは、恐らく・・・愛に飢えていたからじゃないでしょうか。

もっともこちらはこちらでtwitter依存症のなんだか面倒くさい性格のようですが、そもそも当方は鬼束ちひろファン。この程度では動じません。twitterは開設初日に炎上させアカウント停止、ライブでは調子ハズレのガラガラ声と供に珍妙なダンスを踊り、テレビでは化粧塗ったくった顔でイナゴ喰う辺りまでは許容範囲内です。


... 続きを読む

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ 柴田淳 

皆様、明けましておめでとうございます。

年末にはレミー・キルミスター逝去という悲報が流れましたね。R.I.P.レミー…。こんなことならフジ行っておけば良かったぜ。
HR/HM界隈では高齢化が深刻になっているのであります。そういうことで、サボっていたライブレポですが、高齢バンドの場合は特に、行ったからにはだいぶ遅れてはいるものの書き上げてみましたのです。

「Black Sabbath最後の来日!」と煽るだけ煽っておいてキャンセル、オジー&フレンズに変更。邦バンド、それもHR/HMとは言えないバンドばかり追加。オープニングアクトは4組も。という相変わらずのグダグダHIP運営で話題となったOzzfest2015。なんだかんだ言って不覚にも行ってしまいました。船橋市民としてはふなっしーの晴舞台も見たいしね。

自宅を出たのは14時半過ぎ、会場に着いたのは15時20分という余裕の重役出勤。初めてだよ、フェスにこんなに遅くに行ったのは。しかもこんな時間に行って気になるバンド1組も逃さないとか。なんだこのフェス。
... 続きを読む

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ OzzyOsbourne BlackSabbath Korn BFMV Evanescence BlackLabelSociety 人間椅子  

アルバムの出来が過去最高レベルに良かったことでドームでなくスタジアムに複数遠征することを決め降り立った新潟の地。余裕ぶっこいて腹ごしらえしてからシャトルバス乗り場へ向かうと大行列・・・!ああ、忘れていたぜ、ミスチルライブ運営のヘボさを・・・。結局列に並んでからバス乗車まで40分、バスに乗ること30分、会場まで目と鼻の先まで来た所で渋滞により進まず、開演時刻が迫りバスを降ろされた皆は猛ダッシュ開始。

最近の不摂生が祟り重い体に鞭打ち、家族連れをかわし、ハイヒールOLを抜き去り、ビッグスワンへ迫って行く。先頭のオバチャン速ぇ!気付くとオープニングSEが音漏れしているではないか。うわ~始まっちまった~。でもミスチルのオープニングSEは長いからまだ間に合うかもしれん。



以下ネタバレあり注意!!
... 続きを読む

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ Mr.Children 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。