上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:

倉木麻衣2回目のシンフォニックライブのため池袋へ。
会場となる東京芸術劇場のあるビルに入ると目に飛び込んできたのは音楽雑貨でぶねこ。あまりに素晴らしい店名に吸い寄せられ、可愛い猫のイラスト入りクリアファイル2枚をお買い上げ。

会場に入ってみるとあれ?いつもより客層が上品に見える?特に女性客は綺麗なお姉さんが多かった気がする。ところが俺の席の周辺だけよれよれのTシャツ着たオッサンばかりに。おまけに俺の前の列にはハゲ・・・頭髪の薄い方々が仲良く4人並んで・・・これ何のビンゴ?

定刻から10分遅れで東京フィルハーモニー交響楽団が入場し、続いて登場した藤原いくろうの指揮から繰り出されるのはビゼーのカルメン。生でカルメン聴けて感激・・・と思いきや、なんだか音が小さいというか遠く感じる。多分3階席だからだろう。1階中央で聴きたかったなあ。ところでこのカルメンからどうやって本編に繋げるんだろうと思っていると、真っ赤なドレスに身を包んだ倉木麻衣が登場し本編開始を告げるRevive

第1部は儚ささくら さくら...は良かったものの、全体的にはスローテンポの曲が続き、なおかつ昨年もやった曲はアレンジも同じなため少々退屈に。オケに遠慮したようなクラシック寄りの倉木の歌唱にもぎこちなさが見られ、特にオケの音に注意して聴こうとすると歌と演奏のすれ違いを感じ、思ったほど良くないなーと感じながら・・・ウトウトしてしまった。

流れが変わったのは20分の休憩を挟んで始まった第2部。ここで披露されたのは意外にもミュージカルの名曲The Sound Of Music。曲が始まった時は「さすがにこの曲歌いこなせるほどの実力はないだろ?」と思ったものの、これがなかなかどうして堂々としたもの。こんなに歌上手かったっけ?と驚いた。次曲のOver The Rainbowも良かったし、この日のために随分練習し準備してきたんだろうなあ。

ミュージカル2曲の後に続いたのが不思議の国。藤原いくろうのアレンジは金管が重ためであまり好きではないのだが(Time after timeの『大切に想うほど切なく~』の箇所でファンファーレはないだろ)、ここではオケらしい多彩な音色がメルヘンな世界を彩っていた。

そして最後のハイライトはアンコールラストのalways。ここまでのクラシック寄りの歌い方を通常に戻し客席に手拍子を求め、倉木がオケをぐいぐい引っ張る展開に。それに呼応するようにオケの音にも力が篭っていき、次第に会場中を熱気が包み込む。このalwaysは過去最高なんじゃないの?


今日は途中にノリだけのヘッポコ曲が挟まれることもなく、下手っぴバンドに足を引っ張られることもなく、音量が若干小さめだったものの音響は文句なし、終始大人な雰囲気で、特に第2部はいつもこんな感じだったらいいのになあと思わせるものだった。Love, day after tomorrowなんかも最後のalwaysのようにオケに遠慮することなく思いっきりやったらもっと面白くなりそうだし、まだまだ改良の余地はありそう。来年もあるなら期待できそう。
スポンサーサイト

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ 倉木麻衣 

倉木麻衣2012ツアーのファイナルとなった東京国際フォーラムへ。なんと当日券売り場に行列が出来ているではないか。いつも出来てないよな?開演時間までもうあと3分しかないのにどうしたんだろうか。
ホールに入り席を探していると、ビーッとブザーが鳴り焦る焦る。チケットにはR扉って書いてあるのにL扉の方が近いじゃん。なんとか着いた席は2階席の真ん中辺と(俺にしては)割と良い位置。

オープニングはStrong HeartNEVER GONNA GIVE YOU UPと続き、Your Best Friendからはバラードパートへ。

驚きだったのは、これまでミスチルより下手なんじゃねぇかと思っていた(=プロを名乗れないレベル)バックバンドが上手くなっていたこと。
ギターの二人は素直に良いと思えるくらいだったし(特に大賀)、いつもメタメタに足を引っ張っていたドラムも、単調でリズムを作れてないところは相変わらずだけど少なくともぶち壊しにしない程度には叩けていた。昨年の武道館の時のように後半バラバラになることもなく最後まで保っていたし、俺と同様にバンド何とかしろってアンケートの声が多かったのか、あるいはテレ朝ドリームフェスの時に一度別バンドにしたことで危機感を覚えたのだろうか。(それでもドリフェスのメンバーの方が良いけど)

バンドがだいぶまともになったのでいつも孤軍奮闘していた倉木も柔らかな歌声を伸び伸びと響かせ、前半バラードが続く単調になりがちな展開でも飽きさせない。
アダルティーに入ったsound of rainも光っていたし、Tomorrow is the last timeは勿論のこと、何より1000万回のキス明日へ架ける橋Sun will shine on youといった、これまで全く良いと思えなかった曲すら輝いて聴こえたくらい。ただ、ツアー名にもなっているのにOver The Rainbow(ジュディ・ガーランド)を歌わずバンドセッションにしてしまったのは勿体無い。

一旦掃けて衣装換えをして出てきたんだけど、このレインボー柄のドレスがまた・・・

超ダセェ

うっかり声に出しそうになってしまった。DQ9にレインボーチュチュって防具があるんだけど、あれをお姫様ドレスにしたような感じ。レインボーにするにしても。この後のアメリカ国旗巻きつけたような衣装も変だったし、先週のGarnet Crowといい、ビーイングの衣装担当は何やってるんだろうか。

Stay the sameからジョルジョ・カンツェーミ作の曲が続く。そしてジョルジョ本人も登場したどうして好きなんだろうは(歌詞はともかく)流麗なメロディーと涼しげな歌唱が溶け合って心地好い。ジョルジョはメインライターとしてはどうかと思うけど、アクセントとして起用するにはかなり良いなんじゃなかろうか。ちなみにジョルジョ登場の時にジョルジョの歌詞表現のことを褒めてたけど、ジョルジョ曲の時に限って特に歌詞がつまらないのはなぜ?

そして恒例のchance for you。いつも終盤に披露されているのでもう終わり?早いな、と思ったら今回は中盤に移動したらしい。繰り返し部分も少なめだったしマンネリ対策だろうけど、そこまでしてセットからは外さないとは本人相当気に入ってる曲なんだろう。

ここで静かなバラードパートが終わり、Born to be freeラララ*ラGrowing of my heartと盛り上げに盛り上げる。しかし同時に俺のテンションは盛り下がること。こういうノリの良いだけの曲ってどうせ徳永暁人だろうと思ったら、Growingは大野愛果だったのね。大野・・・こんなもろアニソン曲作んなよ・・・。これらは俺の好き嫌い以前に間違いなくヘッポコ駄曲だ!こんな曲しか無いんなら何も言わないけど、他に曲があるだろ!

そういや、このGrowingからFUTURE KISS一秒ごとにLove for youBE WITH YOUと武道館の再現のようなセットに。もう少し色々やろうよ・・・。PUZZLEはショートVer.だったね。あれは"やっぱり今夜もまた部屋を出てしまった"と2回歌うところが自分にも相手の男に対してもウンザリ感を表してて良かったのに。

アンコールは定番のLove,Day,After Tomorrowalwaysを演り・・・ところで今回はステージ奥に大型モニターがあったのに、イメージ映像を流すばかりでステージを映したのはBE WITH YOUとalwaysの時だけなのはどうしたことだろうか。後ろの方はこれがあるとないじゃ満足度が大違いなんだけど・・・ってこれアンケートに書くの忘れた。誰か次回書いておくれ。

そして最後はまたもヘッポコ曲のさよならはまだ言わないで。さらに曲が終わったのに今更っていう感じのダンサー紹介や、ツアー各会場で一字(一音)ずつ繋いだ言葉のリレーを上映するというグダグダな展開に。ちなみに東京会場の言葉は「Yeah!」だったけど、東京だけなんでYeahやねん。さては小さい「っ」の位置で文字数カウント間違えたな。それより最後は曲で締めようよ・・・。


途中途中にヘッポコ曲があったりするのは相変わらずだけど、ライブ効果で全体的に曲が底上げされていたというか、今回はアルバムも買ってなく期待薄で臨んだ割には良かった。倉木麻衣はライブですよ。テレビでのヘロヘロ倉木は偽者です。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ 倉木麻衣 

明日は倉木麻衣2012ツアーの最終日。倉木ライブに行くのは何回目だっけ?結構行ってるな。恐らく大方の倉木ファンはデビュー当時からの長年のファンなのだろうが、俺はまだファン歴2年ちょいだ。存在自体は当時から知っていたんだけど、


1999年 デビュー時
曲は良いけど歌が子供っぽい上に人工的。
それにPV宇多田パクリ過ぎ。
→スルー

2003年 NHK紅白歌合戦出場
歌下手だなー。それに思ったほど可愛くない。
→スルー

2009年 コーセーCM出演
あれ倉木麻衣?CMに出るなんて珍し。
→スルー


多分他にもスルーし続けてきたんだと思うけど、なんでそれが今更、すっかり人気落ち込んだ時になってからなのかというと、あるきっかけがあったのだ。

そのきっかけはというと
Guns N' Roses



え?何がきっかけだったのかって?
だからGuns N' Rosesだってば。



え?だから何でガンズがきっかけになるんだって?

それはだな・・・長くなるがまぁ聞いていきねい。

あれは2009年末のこと、数日後に迫ったGuns N' Roses東京ドーム公演の情報を集めに呼び屋であるH.I.Pのサイトを見ていたときのことだ。ガンズファンの間では常識だが、ライブが迫ると各自呼び屋のサイトをチェックするなどして情報収集に努めなければならない。何故なら本当にライブが行われるのか定かでないからだ。実際に2007年は、ファンの間でも認知度10%程度のベーシストが捻挫したとかで公演1週間前に中止になってしまった。もちろんライブ当日を迎えても決して安心は出来ない。開演2時間遅れは当たり前、機嫌が悪くなると途中でブッチするのも当たり前、最後まで気が抜けないのだ。

まあそんな訳でH.I.Pのサイトを見ていると開催間近公演の情報が出ていて、その中の一つに倉木麻衣の名前があった。

10周年ベストツアー?
もうデビュー10年になるの?
いま幾つになってんの?
ライブなんかやる人なのか。10周年だから特別?

そんな珍し物見たさみたいなごく軽い気分でチケットを取ってライブに行ってみた。CD1枚も持っていないのに結構な数の曲を知っていて存外に楽しめた。実はけっこう頻繁にライブやってることを知ったのはそれからしばらくしてからのことだ。そんなわけで今に至っているわけだが、時には意外なきっかけもあるもんだね。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:倉木麻衣 

先日のニューアルバム「Over The Rainbow」リリース記念倉木麻衣ニコニコ生放送を見た。その中でアルバム全曲試聴があったんだが、これを見てやっぱり買わなくて正解だったかなと。

なかなか出来が良かった前作「FUTURE KISS」にあったクールさと主張が綺麗サッパリなくなり、あまりに透明感溢れすぎて何も心に残らず終わってしまうというか、大人の女から一気に中学生臭くなったというかなんというか。

こう感じる主要因は今作メイン作曲家のジョルジョ・カンツェーミにある。1曲2曲ならともかく、高音を多用する明るいサビメロがワンパターン過ぎてどれも似たような印象になってしまう。そして歌詞もベッタベタに甘ったるくて、生クリームてんこ盛りホールケーキ1個丸ごと食ったみたいな胸焼けが残る。俺は(倉木に限らず)基本的にラブソングが好きじゃないのだがそれを差し引いてもこれはない。こういうのが似合うのは本当に若い子だけで、30間近の女がやるには無理があるだろ。おまけにジョルジョ以外の曲も良いと言えないし。


さらに根本に遡れば自分で作曲していないというのが大きい。確かこれまで作曲は1曲もしていない筈。自分で作っていないから自ら事態を打開できず作曲家の出来に左右され過ぎて路線はコロコロ変わりアルバムは寄せ集めになりクオリティは低下する。デビュー当時のように良曲を提供されている間は全く問題ないのだが、近年のようにバラつきが激しくなると弱点が一気に表面化してくる。マグレでもいいから1曲くらい核になるような曲を作れないのだろうか。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:倉木麻衣 

2009、2010と2年続いた倉木麻衣のハロウィンライブ、今年は震災のため復興支援チャリティーライブに衣替え。今回の目玉はオーケストラとの共演ということで武道館へと行って来ました。

九段下駅に着くと人がまばら。武道館前の堀を渡るところにいつもいるダフ屋も今日はサッパリいないし、まさかチケット売れてないとか?去年のハロウィンライブでは会場のさいたまスーパーアリーナを半分しか使わない小ステージ構成になっていて入って驚いたっけ。まさか今日も?
・・・と思ったら中は人でギッシリ満員。なんだ、俺が遅かっただけか。俺の席は南西2階スタンド後方。倉木ライブでは特に後方席に当りやすいのは気のせいでしょうか?ステージを見下ろすと普通のバンドセットしかない。・・・オケは?ねえ、オケどこいったのよ?

そうこうするうちに場内暗転し、1曲目のStand Up。おいおい、普通のライブかよ!Everything's All RightNEVER GONNA GIVE YOU UPと続き、オケが出てくる気配なし。ちょっとガックリするも、それを打ち消すかのような演奏の良さ!今日のバンド良いじゃん!先日のテレ朝ドリームフェスで起用したメンツかと思いきや、後のメンバー紹介で分かったが前回のツアーのメンバーだった。
いつもはバラバラで音響の悪さも相まってガチャガチャの演奏が今日はしっかりまとまり、いつも下手クソバンドに足を引っ張られ孤軍奮闘していた倉木も自然な声がくっきりと出ていて今までにない調和っぷり。Secret of my heartアウトロの倉木とギターが絡むとこなんか本当に倉木バンドかと耳を疑うほど。なんだよ~、やれば出来るじゃんかよ~。いつも帰りのアンケートに「バンドが下手」とか書いたり、当ブログでも「特にドラマーがクソ」とか書いて本当にゴメン!

key to my heart後に一端袖に引っ込んだところでステージ後方の画面上に倉木のナレーションと共に被災地の映像やメッセージが流れ、ステージ後方の幕の向こうからオケのチューニングの音が!ここから本編か!幕が挙がるとそこには東京フィルハーモニー交響楽団と指揮者の藤原いくろうの姿。

このオケパートが想像以上に良くて驚いた。今年1月に同じ武道館、席まで同じようなとこで聴いたスティングのSymphonicityツアーが余りにも素晴らしかったので、倉木とスタッフにそこまでの力量があるとは思えず見劣りしてしまうと思っていたのだ。
ところが壮大で流麗なオケと、それに埋没しない柔らかな倉木の歌唱が見事に噛み合うこと!もう一度明日ヘ架ける橋Brave your heart(ゲスト:アレックス・ルー)辺りは曲的には大した曲でもないのにオケで化けたね。あなたがいるからReach for the sky、そして今日一番のCan't forget your loveは特に良かった。オケ相手にここまで豊かな表現が出来るなんて、もう脱帽。ここまで良いとは思ってなかった!これが今日しか聴けないなんて勿体なさ過ぎる!DVD化して欲しいし、これからのCD音源ももっと生音多用して欲しいよ。

オケパート序盤で見られた音響がブツブツいう現象も途中で綺麗になくなり、今日は音響スタッフの仕事っぷりまでが違う。いつも帰りのアンケートに「音響がヘボ」とか書いて本当にゴメン!
Time after time~花舞う街で~は楽しみにしてたがスリリングなアレンジが合ってなかった。去年のGarnet Crowでも藤原いくろうの指揮で同じようなことが見られたけど彼のクセなんだろうか?ここだけは残念。
計7曲でオケパートは終了。え、もう終わり?もっとやってよー。Stay by my sideとか冷たい海とか、Tomorrow is the last timeのオケ版も聴きたいよー。

これまで何回か倉木ライブに行ったけど、ぶっちぎりの断トツで今日のここまでが一番良かった。
・・・そう、ここまでは・・・


サンリオのウサギキャラが出てきたとこは宣伝色が強過ぎだし、step by stepまでのアイドルノリがチャリティーライブとしては場違い。
ゲストのNERDHEADが出てきた、どうして好きなんだろう言葉にできないほど好きなのにでは僅かに持ち直したか?でもNERDHEADの提供曲は新曲のYour Best Friendもそうだが、悪いわけではないもののなんだか色々と惜しい気がする。あとNERDHEAD曲は特に歌詞が女子中学生の作文みたい。

まあ、まだここまでは新曲を連発して"特別なライブ"感があったものの、この後一気に普通の倉木ライブと化していったのがなんだかねえ。Future Kisstouch Me!は曲としては良いけど、チャリティーライブと銘打ってオケと共演した後で出てくる曲ではないでしょ。Growing of my heartは問題外。
さらには前半あれだけ良かったバンドの演奏が徐々に崩れてきた。ドラムがドンドンと外しだし、3時間超えで声が掠れてきた倉木と相まっていつもの倉木ライブに・・・。おいおい!後半の曲もちゃんと練習しとけっての!やっぱりキーボードの大楠だけ残して後はドリフェスメンバーと代えて・・・。
最後のalwaysで再びオケが出てくるも、バラバラになったバンドまで残ってるもんだからもうグチャグチャ。脳内ノイズキャンセル機能を働かせてオケの音と倉木の声だけ拾うと良い感じになったのでバンド引っ込めてりゃ良かったのに。

前半だけなら今年ベスト3に入る素晴らしいライブだっただけに、後半が実に残念だった。3時間20分もやらずに、時間短くしてでもオケパート中心でやってくれたら・・・。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:倉木麻衣 ライブレポ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。