上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:

倉木麻衣2012ツアーのファイナルとなった東京国際フォーラムへ。なんと当日券売り場に行列が出来ているではないか。いつも出来てないよな?開演時間までもうあと3分しかないのにどうしたんだろうか。
ホールに入り席を探していると、ビーッとブザーが鳴り焦る焦る。チケットにはR扉って書いてあるのにL扉の方が近いじゃん。なんとか着いた席は2階席の真ん中辺と(俺にしては)割と良い位置。

オープニングはStrong HeartNEVER GONNA GIVE YOU UPと続き、Your Best Friendからはバラードパートへ。

驚きだったのは、これまでミスチルより下手なんじゃねぇかと思っていた(=プロを名乗れないレベル)バックバンドが上手くなっていたこと。
ギターの二人は素直に良いと思えるくらいだったし(特に大賀)、いつもメタメタに足を引っ張っていたドラムも、単調でリズムを作れてないところは相変わらずだけど少なくともぶち壊しにしない程度には叩けていた。昨年の武道館の時のように後半バラバラになることもなく最後まで保っていたし、俺と同様にバンド何とかしろってアンケートの声が多かったのか、あるいはテレ朝ドリームフェスの時に一度別バンドにしたことで危機感を覚えたのだろうか。(それでもドリフェスのメンバーの方が良いけど)

バンドがだいぶまともになったのでいつも孤軍奮闘していた倉木も柔らかな歌声を伸び伸びと響かせ、前半バラードが続く単調になりがちな展開でも飽きさせない。
アダルティーに入ったsound of rainも光っていたし、Tomorrow is the last timeは勿論のこと、何より1000万回のキス明日へ架ける橋Sun will shine on youといった、これまで全く良いと思えなかった曲すら輝いて聴こえたくらい。ただ、ツアー名にもなっているのにOver The Rainbow(ジュディ・ガーランド)を歌わずバンドセッションにしてしまったのは勿体無い。

一旦掃けて衣装換えをして出てきたんだけど、このレインボー柄のドレスがまた・・・

超ダセェ

うっかり声に出しそうになってしまった。DQ9にレインボーチュチュって防具があるんだけど、あれをお姫様ドレスにしたような感じ。レインボーにするにしても。この後のアメリカ国旗巻きつけたような衣装も変だったし、先週のGarnet Crowといい、ビーイングの衣装担当は何やってるんだろうか。

Stay the sameからジョルジョ・カンツェーミ作の曲が続く。そしてジョルジョ本人も登場したどうして好きなんだろうは(歌詞はともかく)流麗なメロディーと涼しげな歌唱が溶け合って心地好い。ジョルジョはメインライターとしてはどうかと思うけど、アクセントとして起用するにはかなり良いなんじゃなかろうか。ちなみにジョルジョ登場の時にジョルジョの歌詞表現のことを褒めてたけど、ジョルジョ曲の時に限って特に歌詞がつまらないのはなぜ?

そして恒例のchance for you。いつも終盤に披露されているのでもう終わり?早いな、と思ったら今回は中盤に移動したらしい。繰り返し部分も少なめだったしマンネリ対策だろうけど、そこまでしてセットからは外さないとは本人相当気に入ってる曲なんだろう。

ここで静かなバラードパートが終わり、Born to be freeラララ*ラGrowing of my heartと盛り上げに盛り上げる。しかし同時に俺のテンションは盛り下がること。こういうノリの良いだけの曲ってどうせ徳永暁人だろうと思ったら、Growingは大野愛果だったのね。大野・・・こんなもろアニソン曲作んなよ・・・。これらは俺の好き嫌い以前に間違いなくヘッポコ駄曲だ!こんな曲しか無いんなら何も言わないけど、他に曲があるだろ!

そういや、このGrowingからFUTURE KISS一秒ごとにLove for youBE WITH YOUと武道館の再現のようなセットに。もう少し色々やろうよ・・・。PUZZLEはショートVer.だったね。あれは"やっぱり今夜もまた部屋を出てしまった"と2回歌うところが自分にも相手の男に対してもウンザリ感を表してて良かったのに。

アンコールは定番のLove,Day,After Tomorrowalwaysを演り・・・ところで今回はステージ奥に大型モニターがあったのに、イメージ映像を流すばかりでステージを映したのはBE WITH YOUとalwaysの時だけなのはどうしたことだろうか。後ろの方はこれがあるとないじゃ満足度が大違いなんだけど・・・ってこれアンケートに書くの忘れた。誰か次回書いておくれ。

そして最後はまたもヘッポコ曲のさよならはまだ言わないで。さらに曲が終わったのに今更っていう感じのダンサー紹介や、ツアー各会場で一字(一音)ずつ繋いだ言葉のリレーを上映するというグダグダな展開に。ちなみに東京会場の言葉は「Yeah!」だったけど、東京だけなんでYeahやねん。さては小さい「っ」の位置で文字数カウント間違えたな。それより最後は曲で締めようよ・・・。


途中途中にヘッポコ曲があったりするのは相変わらずだけど、ライブ効果で全体的に曲が底上げされていたというか、今回はアルバムも買ってなく期待薄で臨んだ割には良かった。倉木麻衣はライブですよ。テレビでのヘロヘロ倉木は偽者です。

スポンサーサイト

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ 倉木麻衣 

ロックの殿堂授賞式に向けて激安キャンペーンやってるみたいよ。

ガンズのベスト盤が割引価格で全米チャート3位に急上昇

25セント・・・確か1ドルが100セントだから、20円くらいか!?もういっそタダで配ったら?
このベスト、選曲が悪すぎて(14曲中カバー5曲って…)ファンにも初心者にも向かない駄作だけど、安くさえすればこれだけ売れるってことはまだまだビッグネームなんだね。



ところで、記事の最後にサラッとおまけみたく書いてあるけど、

元メンバーのスラッシュは「ライヴ・パフォーマンスは行わない」と発言している。



ライヴ・パフォーマンスは行わない
ライヴ・パフォーマンスは行わない
ライヴ・パフォーマンスは行わない
ライヴ・パフォーマンスは行わない
ライヴ・パフォーマンスは行わない
ライヴ・パフォーマンスは行わない
ライヴ・パフォーマンスは行わない
ライヴ・パフォーマンスは行わない




・・・スラッシュにはガンズ復帰よりVR再開を願っている俺だけど、1回くらいは見たいよ・・・

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:GunsNRoses VelvetRevolver 

明日は倉木麻衣2012ツアーの最終日。倉木ライブに行くのは何回目だっけ?結構行ってるな。恐らく大方の倉木ファンはデビュー当時からの長年のファンなのだろうが、俺はまだファン歴2年ちょいだ。存在自体は当時から知っていたんだけど、


1999年 デビュー時
曲は良いけど歌が子供っぽい上に人工的。
それにPV宇多田パクリ過ぎ。
→スルー

2003年 NHK紅白歌合戦出場
歌下手だなー。それに思ったほど可愛くない。
→スルー

2009年 コーセーCM出演
あれ倉木麻衣?CMに出るなんて珍し。
→スルー


多分他にもスルーし続けてきたんだと思うけど、なんでそれが今更、すっかり人気落ち込んだ時になってからなのかというと、あるきっかけがあったのだ。

そのきっかけはというと
Guns N' Roses



え?何がきっかけだったのかって?
だからGuns N' Rosesだってば。



え?だから何でガンズがきっかけになるんだって?

それはだな・・・長くなるがまぁ聞いていきねい。

あれは2009年末のこと、数日後に迫ったGuns N' Roses東京ドーム公演の情報を集めに呼び屋であるH.I.Pのサイトを見ていたときのことだ。ガンズファンの間では常識だが、ライブが迫ると各自呼び屋のサイトをチェックするなどして情報収集に努めなければならない。何故なら本当にライブが行われるのか定かでないからだ。実際に2007年は、ファンの間でも認知度10%程度のベーシストが捻挫したとかで公演1週間前に中止になってしまった。もちろんライブ当日を迎えても決して安心は出来ない。開演2時間遅れは当たり前、機嫌が悪くなると途中でブッチするのも当たり前、最後まで気が抜けないのだ。

まあそんな訳でH.I.Pのサイトを見ていると開催間近公演の情報が出ていて、その中の一つに倉木麻衣の名前があった。

10周年ベストツアー?
もうデビュー10年になるの?
いま幾つになってんの?
ライブなんかやる人なのか。10周年だから特別?

そんな珍し物見たさみたいなごく軽い気分でチケットを取ってライブに行ってみた。CD1枚も持っていないのに結構な数の曲を知っていて存外に楽しめた。実はけっこう頻繁にライブやってることを知ったのはそれからしばらくしてからのことだ。そんなわけで今に至っているわけだが、時には意外なきっかけもあるもんだね。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:倉木麻衣 

開演30分前という普段より余裕を持った時間に会場に着くと、あれ?何だこの軽く1000人以上は並んでる大行列は?なんとまだ開場していないではないか!チケットよく見たら開場18:00、開演18:30・・・って無理あるだろおい!

しかも本日は寒い上に雨。とても並ぶ気がしないので屋根と暖を求め東京ドームシティ内の建物内に逃げ込もうとすると周囲の人達の異変に気付く。さっきから赤や紫の髪をしたV系みたいな人をよく見かけるなあ、と思ったらどうやらこの近くでコスプレイベントがあったらしい。こういうの始めて見たけど、衣装けっこう凝ってるんだね。作り物っぽさや不自然さを感じさせず良く出来てるけど自作なんだろうか?部活帰りの普通のジャージ中学生がいると思ったらテニスの王子様だったし。

でもでっかいリボン付けてピンクのヒラヒラスカート履いたメタボオッサンだけはマジやめてください。ホント頼みます。3度も遭遇したくないです。


列が短くなったところでようやく会場入りし席に着く。2階バルコニーの左端の方ながらステージと客席が近いので非常に見易い。やっぱりこの会場は良いなあ、と思っていると客席が暗転。えっ?もう始まるの?席に着いてまだ1分もしてないとこだよ?そりゃ開演を20分過ぎてるけど、それは客入れが遅れたからで、俺よりさらに後に入れた人や入り口から遠い席の人はまだ席に着けてないんじゃないの?そもそも俺が場内に入った時はまだグッズ販売やってる始末だったじゃないか。運営段取り悪すぎだろ。アーティストの足引っ張るのはミスチルFC事務局だけで十分だから!



以下ネタバレあり注意!


... 続きを読む

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ GarnetCrow 

鬼束ちひろの最新ライブDVD「HOTEL MURDERESS OF ARIZONA MY GUN」の発売が迫ってしまいました。

恐らくいないとは思いますが、まず間違いなくいないとは思いますが、鬼束ちひろを最近知って、かつライブ音源を愛好するという方はいらっしゃいませんか?

万が一いらっしゃいましたら、この最新DVDを最初の一枚に選んではいけません。まずはこちらを観ましょう。

鬼束ちひろ
/ ULTIMATE CRASH '02 LIVE AT BUDOKAN


ULTIMATE CRASH ’02 LIVE AT BUDOKAN [DVD]ULTIMATE CRASH ’02 LIVE AT BUDOKAN [DVD]
(2003/05/21)
鬼束ちひろ

商品詳細を見る


2002年11月5日、人気絶頂期だった鬼束ちひろ初の日本武道館公演を収録したもので以下のような三部構成。

第一部:ピアノ
第二部:第一部+ベース、ドラム
第三部:第二部+バイオリン、ビオラ、チェロ

羽毛田丈史と富樫春生による連弾ピアノのみで静かで荒涼とした幕開けから徐々に楽器が増え、それとともに世界が広がってゆくような展開。

初めての大舞台ということで序盤は声に緊張がみられるものの、次第に会場の空間を自分のものにしてゆく鬼束。決して技術に秀でた方ではないが、曲に取り憑かれたかのような荒々しく鬼気迫る歌唱に圧倒される。

セットリストはオープニング、本編ラスト、アンコールラストとハイライトとなる部分も含め約半分が3rdアルバムからのものとなっている。ところが当のアルバムは当時まだ未発売。初の武道館をこれまでの集大成にするどころか、未発表曲中心で臨むとはさすがにこの頃から既にロックしてるぜ!鬼束ちひろ。

これら新曲がいずれもこれまでの名曲たちに劣らず輝きを放っている。荒れ狂う嵐のような咆哮を放つTiger In My Love、不気味で重々しいBORDERLINE、鬼束らしくないとさえ思わせるほど暖かく優しいKing of Solitude・・・これは流星群ですらセット落ちし、2ndアルバムからは1曲しか披露されないのも納得の充実ぶり。
そして最後は思いっきりぶつかってくる声のメッセージに憂鬱な気持ちが破壊されるような、勇壮にさえ思えるCastle imitation

MCは殆どないが、「アンコールどうもありがとう。嬉しいです。」と微笑んだり、最後に「ありがとうございました!」と元気よく言い放つ様は現在の姿を微塵も予感させない。これが9年後には邪悪な笑みを浮かべイナゴ喰って「クソ忌々しい東芝EMI」と悪辣な言葉を吐きかけるようになるとは時の流れとはなんと残酷なものだろうか。

1. Introduction
2. NOT YOUR GOD
3. Cage
4. infection
5. 漂流の羽根
6. 眩暈
7. interlude
8. Tiger in my Love
9. イノセンス
10. edge
11. シャイン
12. BORDERLINE
13. 守ってあげたい
14. 声
15. King of Solitude
16. 月光
17. Castle imitation

鬼束ちひろのライブ音源としてはまずは今作を薦めます。
そしてこのライブDVDがお気に召しましたら、次作「NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS」をさらに強く薦める次第です。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:DVDレビュー 鬼束ちひろ 

いよいよ来週です。恐ろしいブツが届けられる日が迫ってしまったのです。そう、鬼束ちひろの最新ライブDVD「HOTEL MURDERESS OF ARIZONA MY GUN」の発売日です。

ところでAmazonに収録曲のリストが出ていますね。

1. Sweet Rosemary
2. 青い鳥
3. everyhome
4. 琥珀の雪
5. Time After Time
6. The Rose
7. 蛍
8. 嵐ヶ丘
9. EVER AFTER
10. 私とワルツを
11. ストーリーテラー
12. NEW AGE STRANGER (encore)
13. Beautiful Fighter (encore)

あれ?何か抜けているような・・・って、おい!月光
鬼束=月光のイメージが強すぎて歌いたくないみたいな話を聞いたことはありますが、完全収録という触れ込みだった筈なのにわざわざ最大のヒット曲を収録曲から外すつもりのようです。
これはもしかして月光で鬼束ちひろを知った新規ファンが間違って購入するのを避けるための温かい配慮なのでしょうか?

最近になって鬼束ちひろを聴き始めたという方はそうそういらっしゃらないとは思いますが、万が一いらっしゃって、もし奇特にもライブDVDをお求めになられたとしても、絶対にこの最新DVDを買ってはいけません。初鬼束として手に取るには余りにも刺激が強すぎます。鬼束ファンを数年続け過酷な精神修行を積まなければこの最新DVDには耐えられないかもしれません。
私は現地でこのライブを鑑賞し、その様子は記事のとおりですが、あれでもかなりオブラートに包んで書いたつもりなのです。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:鬼束ちひろ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。