上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:

トリはSigur Rosを見る事に早々に決めていたため忘れていたけど、サマソニ幕張1日目のソニックステージトリはアダム・ランバートだったんだよね。

彼はQueenとツアーやってたはずなんだけど、あれはもう終わってしまったんだろうか?日本には来ないの?

艶っぽい声や華やかさはフレディと通じるところあるし、おまけにゲイだし(あ、関係ない?)、ポール・ロジャースよりもクイーンに合ってると思うんだけどな。




ところでアダムってなんとなくジョジョっぽくない?
スポンサーサイト

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:Queen AdamLambert 

サマソニ(1日目のみ)に行って来ました。朝方激しく雨が降っていたのでマリン、ビーチは大丈夫だろうかと思いながらも、家を出る前には雨は止み安心して幕張へ。


Grouplove

まずは初来日の Grouplove を観にマリンステージへ。次第に日が照ってきて、雨上がりの湿気と相まって暑いこと暑いこと。タンクトップに白パンのドラマーの衣装はダサかったけど、あまりに暑すぎて脱いだのか?
音の方は軽くお洒落な感じかと思ったら激しく動き回り、意外に音も厚く骨太で、それでいて曲はポップかつキャッチー。アーティスト写真真ん中の女がメインボーカルかと思ったらそうでもなく、ギターの方が多く歌ってたかな?周りで歌ってる人も多かったし、人気出てるんだね。


Crystal Castles

Lost Prophetsと迷ったが暑かったのでメッセに戻りマウンテンステージのCrystal Castlesへ。ところが1曲目からPAトラブルなのかボーカルマイクの音が入っていない。これでちょっと立ち上がりから肩透かしをくらい、興が削がれてしまった。
フェスだし普段絶対聴かないようなのということで敢えて見に来てみたけどこういうトランス系?は好みじゃないし外したかなーと思ったら、エロ可愛いボーカルがスタッフに肩車され客席に飛び込んで行くと俄然場内ヒートアップ。このボーカルの客席絶叫パフォーマンスはかっこ良かったぞ。むしろパンクっぽい?日本語で「アリガトートーキョー」とか言わない媚びない姿勢もグッド。



メッセを出るところで知人Kに遭遇。しかしそのTシャツ・・・おまえモノノフだったのか・・・。
(※ももくろファンのことをこう呼ぶそうです)
「これからももくろ待ちの場所取りするんだー」と満面の笑みで去ったKの後姿を眺めながら胸に去来するのは、ももくろって今日じゃなくて明日じゃなかったっけ?K間違えてる?まさか今から場所取り?・・・想像するも恐ろしい思いなのでした。



Russian Red

パラパラと雨が降る中ビーチステージへ着き上を見ると空が真っ黒。案の定 Russian Red の演奏中に雨脚が強まり、機材セッティングのため中断。バーで水着店員を鑑賞したり珍しく酒を飲んだりしながら20分ほど待つと再開したものの、せっかくまったりとした雰囲気が出来上がってきたのにリセットされ最初からやり直し状態になってしまったのは残念。

帰ってから知ったけど、大阪ではJamiroquaiがドタキャン、J-Kay以外のメンバーがステージで謝ったという心温まるエピソードもあったそうなのでそれよりはマシだけど。



Begin

実は2番目に楽しみにしていたのがこのBegin。夕暮れのビーチでかき氷食いながらBeginなんて良くない?と思ってかき氷買って待ってると、一つ前のRussian Redが雨で押したこともあり開演が20分遅れるというアナウンス。かき氷はその間に食べ終わってしまいました。

沖縄音楽をベースにしたポップスに随所に「イーヤーサーサー」と合いの手?が入ったり、さらには思いのほか盛り上がる曲も多く、沖縄出身と見られる女性が琉球舞踊っぽい踊りをしていたり、頭にAKB48タオルを巻いたオッサンがオタ芸っぽい動きを始めすぐに我に返りやめるなどピースフルな空間が出現。
心地よい風を受けながらラストの三線の花島人ぬ宝涙そうそうのコンボは特に良かったね。

ちなみに彼らの出身地石垣島は世界有数のマンタ観測スポットなのでいつか行ってみたい所。



メッセに戻ろうとする道すがらアイランドステージを眺めたら人少なっ!いくらもうすぐトリの時間だからって20人くらいしかいないってのはさすがに・・・。



Sigur Ros

メッセに戻り半解凍の焼津まぐろ丼を食し、本日の目当てのためマウンテンステージへ。
人多い!おまけにさらに階段から降りてくる人の波が見える。こりゃーパンパンになりそうと思って今のうちに人の隙間をすり抜けて行けるだけ前方へ。

ただでさえ遅い出演順の上、定刻を20分押し、Sigur Ros登場。セットリストは『Agaetis Byrjun』からの曲が多く、一方最新作の『valtari』からは殆どやらないという構成。フェスだから?

寂しくも暖かく、沈みながら高揚する、静かでありながら轟音と相反する要素を併せ持った音の洪水は圧巻。

でも・・・凄かった、確かに凄かったんだけど・・・一昨年のjonsiソロの吹っ飛ばされそうな衝撃には及ばなかった気がする。いや、パフォーマンスに文句あるわけじゃなくてね。
深海からの呼びかけのようなSvefn-g-englarに魂を抜かれそうになったり、家で出したら近隣からの苦情殺到確実の大音量で聴く最後の()#8でトリップ仕掛けたりとかの要所要所でイマイチ入り込めずふと我に返ってしまう瞬間があってさ。
それは1日の終わりでスッカリ疲れ切った事による足の痛みとか、響きの悪いマウンテンのPAとか、何より人が多すぎる上にちょろちょろ前方から離脱してくる人がいることが原因なのかも知れない。次は落ち着いたホールなんかで聴いてみたいもんだね。


↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ SummerSonic Grouplove CrystalCastles RussianRed Begin SigurRos 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。