皆さんは決断力のある方でしょうか?
俺はありません。全くありません。タワレコで1000円のCDを買うかどうかを30分迷った挙句、レジに持っていったらポイントが溜まっていてタダで買えたなどしょっちゅうです。ところがそんな俺でも時には即決してしまうこともあって。


The Winery Dogs / The Winery Dogs
ワイナリー・ドッグスワイナリー・ドッグス
(2013/05/15)
ワイナリー・ドッグス

商品詳細を見る



ジョン・サイクスがマイク・ポートノイとビリー・シーンと組んで新プロジェクトを立ち上げると言う話を聞いたのはいつだっただろうか。いつのまにやらポートノイとビリーはトニー・マカパイン、デレク・シェリニアンと組んでツアーやってたり、あれ?サイクスは?と思ったらとっくに立ち消えになっていたそうで。なんでも何事も時間をかけすぎるサイクスに対し、早くレコーディングしてツアーに出たいポートノイ、ビリーが痺れを切らしサイクスに見切りをつけたそうで、代役にリッチー・コッツェンを起用し作られたのが本作。

・・・とまあ、ここまでの知識は殆ど後日仕入れたもので、サイクスとはポシャったらしいというところまでしか知らない状態でたまたまタワレコに寄ったら本作が視聴機にかけられていたわけ。

ああ、サイクスとはやめてコッツェンにしたのかーと思いながらバンド名も確認しないまま軽~い気持ちで視聴機のボタンを押して・・・。


はい、購入決定です。


これは良い!1曲目のElevateから3人のプレイが弾ける弾ける。コッツェンのギター、ビリーのベースが激しくやりあう中、ポートノイのドラムがスパーン!と入ってきて三つ巴のバトル!堪んないねー。

コッツェン期のMr.Bigは聴いてなかったので知らなかったけどギターも歌も上手いね。テクニカルでかつブルージーなのも出来る。ビリーのベースは思いっきり唸ってるし、そしてポートノイ。元Dream Theaterということでもっとメタルメタルしいプレイかと思ったら手数は多いものの現代のジョン・ボーナムとでもいうようなグルーヴを生み出してくれる。

え?腕は立つけど作曲能力に難ありという評判の3人だろって?
そうかもしれない。曲自体は凄い名曲というわけではないと思う。

え?もろMr.Bigだろって?
そうかもしれない。これMr.Bigでやってても何の違和感もない。っていうか、Mr.Bigどうすんのビリー?

いやいや、でもそんなことどうでもいいんだよ。3人の躍動感あるプレイがそんな疑問吹き飛ばすんだって!ライブ盤かっていう熱いプレイなんだよ!そして全体に漂う乾いた大人の雰囲気が病み付きになるんだよ!

7月には来日するんだけど、東京公演の日本青年館(どこじゃ!?)は既にソールドアウトしていたものの、追加公演の赤坂ブリッツの抽選に当選できた。これは期待できそうだ!

・・・長続きしなさそうな連中だけど・・・


01 Elevate
02 Desire
03 We Are One
04 I'm No Angel
05 The Other Side
06 You Saved Me
07 Not Hopeless
08 One More Time
09 Damaged
10 Six Feet Deeper
11 Criminal (Bonus Track)
12 The Dying
13 Regret
スポンサーサイト

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:CDレビュー TheWineryDogs Mr.Big DreamTheater 

Garnet Crow / Terminus

TerminusTerminus
(2013/03/20)
GARNET CROW

商品詳細を見る


いよいよ大阪にて解散ライブを迎えるGarnet Crowの10枚目にして最後のアルバム。解散の真相は明確にされていないものの、活動が安泰と言える十分な売り上げを持っているとは言えず、また所属レーベルに他に売り上げの柱となる者がいないという経営的な事情が無関係ではない筈だ。

一方でボーカルと作曲を努める中村由利が解散発表の場で言い、またその後に伝わり聞いた「全て出し切った」というのもまた偽らざる本音なのだろう。

恐らく多くの、特に古参ファン程痛切に感じているであろう、中村由利の隠し切れない作曲能力の衰え。それは30代半ばという感性の陰り、そして何より13年で160曲以上を生み出してきた異様なハイペースの代償だろう。

それは今作も例外ではなく、先行公開された海をゆく獅子は素晴らしかったが、他の曲はチラチラと過去の曲の面影が垣間見え、初期のアルバムに見られた瑞々しい研ぎ澄まされた感性は残念ながら見られない。

では今作は限界を迎えた出涸らしの駄作なのか?
いや、そうではない。Garnet Crowは最後の輝きを見せてくれたのだ。



... 続きを読む

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:GarnetCrow CDレビュー 

東京駅方面のタクシーをようやく捕まえたどり着いた東京国際フォーラム。ところがライブ当日だというのに浮かない気分なのは連日の深夜残業で疲れきっているからだけではないだろう。Garnet Crow解散表明から約2ヶ月。東京での最後のライブとなる日が来てしまった。

入り口で配られたチラシによると6/9大阪最終公演が7月にWOWOWで放映されるのは朗報として、年末にはBOXセットが出るんだとか。ハハハハハ…最後の最後まで毟り取るつもりかこの会社。

ちなみに今日の席もいつも通り2階席。今回はチケットの倍率がこれまでになく高く、かくいう俺も先行抽選に全て外れ、一般も瞬殺され、ゴニョゴニョとした手段でようやく手に入れた始末だ。これだったら最後くらい武道館で出来たんじゃないの?国際フォーラムはホールの割に音が良くないし傾斜きつ過ぎるし武道館の方が良かったなあ。ロビーの広さと椅子の座り心地は別格なんだけど。



以下ネタバレあり注意!!
... 続きを読む

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ GarnetCrow