マイク・ポートノイ、ビリー・シーン、そしてリッチー・コッツェン。3人のスーパープレイを直に味わうため会社を定時に抜け出し、余裕を持って向かった筈がうっかり乗り越し、命からがら辿り着いた赤坂Blitz。

入場してみるとアラ不思議。ライブハウスなのにブロック指定ですってよ。確かにチケットには「C-1ブロック」とか書かれていたけど、何かの都合で便宜上分かれているだけかと思ってた。まさか本当にブロック分けとはね。

1階フロア入り口の扉をくぐるとさらに混迷は深まる。椅子が並べられてるんですけど???座席指定だったっけ?と思いチケットを見ると「1階スタンディング」と書かれている。分けが分からず困惑し係員に案内されたのは1階斜め後方エリア。この一角がスタンディングってことか!?

ライブハウスなのに前方は席指定でゆったり、後方は立見でギッシリという謎編成。普通逆だろ。さすがはあの伝説のウドーフェスを成し遂げたウドー音楽事務所。ちなみに場内アナウンスは「まもなく演奏が始まります~」なんか萎えるな~。


オープニングを飾ったのはElevate。続いて3人のバトルが炸裂するWe Are One。この日本がツアー最初の地ということを感じさせないベテランらしい堂々としたプレイ。

最初は人に埋もれてビリーしか見えなかったんだけど、ベースでリフ弾いちゃうぞっていう勢いで、相変わらず音だけでこれだけ目立ってるベーシストっていないよね。手元が見えなくてアクロバットな奏法が見えなかったのは残念。仕事なんかブッチしてもっと早く来て場所キープしとけばよかったー!

ポートノイのドラムも生で聴くとさらに迫力あるね。骨太でズシズシ来るのに重過ぎず、余裕たっぷりにスティックを回したり、さらに手数は多いのにちっとも嫌味じゃない。回転式のマイク位置が定まらず片手で押さえながら叩いてたのもなんだか微笑ましかったね。

対してのコッツェンは髪を切ったためかちょっと地味目。ボーカルもギターもソウルフルで両方このレベルで出来んの?と驚いたけど、音量が小さめでやや押され気味になってしまったかも。

中盤では各メンバーのソロもあり。コッツェンのみギターソロでなくアコギと歌でのStand。この曲コッツェンがいた頃のPoisonの曲らしいけど、なんでPoisonに加入したんだろう?
そしてMr.BigのShine。カバー曲ではやはりこの曲が人気があるようだ。

終盤の俺的ハイライトはブルージーなI'm No AngelThe Dyingときての本編の終了曲、コッツエンがキーボードを弾きながらのRegret。途中ギターを抱えながらキーボード弾く姿はちょっと笑ってしまった。

アンコールラストはDesire
こんな激しく熱くも大人~なライブやってくれるならまた来るから、だから解散なんかすんじゃねーぞ!

... 続きを読む
スポンサーサイト

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:TheWineryDogs Mr.Big DreamTheater RitchieKotzen 

つい数日前まで長袖を着ていたというのに突然の猛暑。そんな七夕の日に都内に用事があったのでそのついでにタワーレコード渋谷店へ。その目当ては1stアルバムが全英アルバムチャート2位を飾った新鋭ガブリエル・アプリンの初プロモーション来日、そしてインストアライブが行われるという。その情報を僅か2日前に知った俺は道を間違えて炎天下の中遠回りしてタワレコへ向かったのだった。

20分前に到着し、店内をうろついて時間を潰そうと思いきやイベントスペースには数十人が並んでいる状態。google日本語検索してもあまり情報がヒットしないので日本ではまだ殆ど知られていないのかと思ったら既に熱心なファンが付いているようだ。俺は何とか陳列棚の隙間から斜めにステージが見える位置をキープ。

開始時間を少々押してギターを手に登場した英国人にしては小柄なガブリエル。最初に披露したのはPanic Cord。ギター1本ということでスタジオ盤より静かでメロウな印象。きっと元々はこういう曲だったのだろう。そして声もスタジオ盤よりも少し大人びた印象。若干の硬さと疲れが見えるのは日本の夏の暑さのせいだろうか。余りにも暑くて驚いたんじゃないかな。

他に披露されたのはPlease Don't Say You Love MeHow Do You Feel Today?、父親がファンだと言うブルース・スプリングスティーンのカバーI'm On Fire

一方、生で聴くとギターも良い。日本の女性シンガーソングライターにありがちなお飾りで申し訳程度に弾くのではなく、ギターもまた柔らかく優しく歌っている。まだ20歳だっていうのに上手い。さすが音楽大国イギリス。

ここで通訳を交えたトークへ。日本の印象など通り一遍の質問などに答えた後、次の来日の話題であるSummer Sonicの話題へ。今日はギター一本だったものの、サマソニではバンドを連れて来るそうだ。
おお~youtube見ても殆どギター一本ばかりだったのでバンドでも聴きたいと思ってたんだよね。丁度チケットあるし行こうっと。8/12(月)の単独も興味あるけどそっちはちょっと行けなさそうだな。

そして最後の曲はHome。喋っているうちに緊張がほぐれたのかこの日一番の伸びのある歌声が心地よく響く。

ライブの後は渋谷店でアルバムを買った人限定のサイン会へ突入。俺は地元で買ったのでサインは貰えなかった訳だけど、様子を眺めてたら椅子に座った姿がカワエェ~。サマソニ前半のアクトで何見るかまだ決めてない人はガブリエル・アプリンお勧め。超イチオシ。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ GabrielleAplin SummerSonic