上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:

皆さんはあの伝説の深夜ドラマ『トリック』をご存知でしょうか。
実力のある豪華な俳優陣が小ネタ満載の馬鹿馬鹿しい脚本を大真面目に演じるシュールな笑いが人気を博し、シリーズ化、さらには映画化もされたあのドラマです。私は個人的に矢部刑事の部下の金髪広島弁がいなくなってしまったことに深い悲しみを覚えたものです。

そのトリックが新春公開の映画を持ってその歴史に幕を閉じると言うのです。

そしてトリックを語るならば、あの人物に触れることを避けては通れないでしょう。ドラマで大きな注目を浴び、羽ばたいていったあの人です。


そうです。仲間由紀恵です。


え?

当ブログで取り上げるべきはその人ではないだろうと仰りますか。

そう、忘れてはなりません。もう一人いました。
主題歌を担ったあの人物です。

その荒涼とした歌詞世界、冷たく突き刺さるようなメロディー、力強く激しい憂いを帯びた歌声、そして残された余韻に混じる微かな温かさ。テレビシリーズに提供されたいずれ劣らぬ3曲のいびつな美しさに涙を流された方も多いことでしょう。

本人の音楽活動停滞により一時期主題歌起用から外れていましたが、最後を飾るのにこの人の曲を外す事などもはや想像することすら不可能でしょう。

朗報です。
帰ってくるのです。
この最後の映画の主題歌にテレビシリーズ第1作のあの曲が再び起用されることとなったのです。製作スタッフは忘れてはいなかったのです。トリックとともに歩んできたあの曲の存在を。


さあ、今一度その名を呼んでみましょう。
トリックの主題歌月光を歌うあの人の名を。




そうです。鬼束ちひろです。

trick01




そうです。鬼束ちひろです。

trick02




そうです。鬼束ちひろです。

trick03

スポンサーサイト

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:鬼束ちひろ 

先日クアトロで行われたライブの余韻覚めやらぬロックンロールスター、鬼束ちひろ。早くも2014年早々のツアーが発表されました。


ビルボードライブ大阪
2014年1月13日(月・祝) ※完全入れ替え制
[1stステージ] 開場:15:30 開演:16:30
[2ndステージ] 開場:18:30 開演:20:00
料金:サービスエリア¥8,000 カジュアルエリア(1DRINK付)¥6,500

ビルボードライブ東京
2014年1月19日(日) ※完全入れ替え制
[1stステージ] 開場:15:30 開演:16:30
[2ndステージ] 開場:18:30 開演:19:30
料金:サービスエリア¥8,000 カジュアルエリア(1DRINK付)¥6,000

渋谷WWW
2014年2月10日(月・祝前日) 開場:18:00 開演:19:00
料金:前売¥4,000(DRINK代¥500別オールスタンディング)

名古屋クラブクアトロ
2014年2月23日(日) 開場:17:00 開演:18:00
料金:前売¥4,000(DRINK代¥500別オールスタンディング)

品川教会グローリア・チャペル
2014年3月7日(金) 開場:18:00 開演:19:00
料金:前売¥6,500

中野サンプラザ大ホール
2014年4月5日(土) 開場:18:00 開演:19:00
料金:前売¥6,500




注目はやはり3/7(金)の品川教会グローリア・チャペルでしょう。恐らく教会関係者は月光の頃の鬼束ちひろのイメージで会場使用を承諾したのでしょう。当日は彼らの身に神の祝福があることを祈るばかりです。


さて、先日『鬼束ちひろの情報には最新ビジュアルが必要不可欠』と書きましたが、さすがは鬼束ちひろです。同じ過ちは繰り返しません。今回はしっかりと最新ビジュアルも公開されました。気をしっかりと持ってご覧ください。



... 続きを読む

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:鬼束ちひろ 

メタルフェスのはずだったのがラインナップに何故かアイドルが加わるなど迷走迷走を重ねてしまった2013年Loud Park。

ついに前代未聞の事態が起こってしまったそうです。


KING DIAMOND 出演キャンセルのお知らせ


機材を乗せた船便が遅れてしまったということですが、この規模のフェスでなんとまさかまさかのヘッドライナーのキャンセル。開催僅か2日前でこの発表は痛すぎる。

このタイミングでは、ひょっとすると当日会場に入って初めてヘッドライナーのキャンセルを知る人もいるのではないでしょうか。もしもそれが初来日を長いこと待っていたKing Diamondの熱狂的ファンだったとしたら・・・心中察するに余りあります。

とはいえライブが出来ないと言うのなら仕方ありません。ならばせめてファンに対して何らかのフォローをしたいところですが、この対応は酷い。

尚、アーティストの出演キャンセルによるチケットの払い戻しは一切致しませんので、何卒ご了承ください。

確かにラインナップの変更で払い戻しは通常しないでしょう。しかし、ことはヘッドライナー。この名を使ってチケット捌いたんでしょう?初来日するこのバンドが最大の売りだったんでしょう?いくらチケット売れず採算厳しいからと言ってこの仕打ちはないんじゃないの?

そもそもメタルフェスを謳っておきながら初日トリはメタルではないし、アイドルは紛れ込むし、大トリは不在。なんだこのグダグダフェス。今年で最後ってのも十分有り得るんじゃないの?

しっかりしてくれよクリマ~ン・・・。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:LoudPark 

かねてから恐れていた通り、鬼束ちひろ秋の夜長に渋谷クアトロを悲鳴に染めるイベント「MY Hi-SCHOOL」が開催されてしまったそうです。

まずは皆様にお詫び申し上げなければなりません。
私、本イベントを欠席してしまいました。

皆様の仰りたい事はよく存じております。
恐らくは今年最後のライブとなるであろうこのイベントを、それも鬼束ちひろのライブの様子を当ブログを通して皆様にお届けするべき立場であるこの私がよもや欠席するなど何事であるかと。全てご指摘の通り、私の不徳の致す所でございます。

恐れ多くも弁解をさせて頂けるならば、私も所詮はしがない小市民の一人に過ぎないのです。我が身を省みず身命を賭して鬼束ちひろのライブを見届けるには、予想される恐怖と絶望に対し私の胸に咲く勇気は余りにも小さく、両足の震えを止めることが出来ないのです。誠に申し訳ございません。


しかしながら現代は情報化社会でございます。実際に会場に参じなくとも各メディアが報じています。それらをご案内いたしましょう。

ナタリー


ビルボードジャパン


お読みになった皆様は両記事の写真を訝しく思われていることと思います。この生き物は何なのだろうと。恐らくは両社とも鬼束ちひろに精通していないため、誤った写真を掲載してしまったものと思われます。

2つの写真はいずれも巷で話題となっている漫画「進撃の巨人」でございます。特にナタリーの写真が特徴を捉えていますが、恐怖に慄く人間を喜々としてその大きく開けた口で喰らい尽くすのです。恐ろしいですね。なぜこのような写真と取り違えてしまったのか経緯は分かり兼ねますが、両社には猛省を促したいところでございます。

さて、写真こそ取り違えていますが両記事ともステージの様子を詳しく伝えています。少々記事が長いため、私の拙い筆力でありますが要約を試みました。

「You are dead!」と観客に両手で中指を立て
モンキーダンスを踊り月光で観客とシンガロングし
フロアにコンドームとレッドブルを撒き散らした


こうして文字にしてみるとどのようなステージであったか1点の疑問もなく手に取るように全てが目に浮かぶようですね。さすがは鬼束ちひろでございます。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:鬼束ちひろ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。