FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:

鈴鹿ゲート
1ヶ月ほど前に急遽行きたくなりF1日本GP、鈴鹿サーキットに初めて行って来ました。ここは音楽ブログなわけだけど、土曜日予選後に行われた前夜祭でのT-SQUAREライブレポという名目でレポ書いちゃおーっと。



[予選]
サーキットに着き買い物したり歴代F1マシン展示を眺めたりしているうちにあっという間に予選時刻。初めて生で見るF1はとにかく音が凄い凄い凄い
強烈な金属音で耳がやられてしまいそう。
内容はというとQ3のライコネンのスピンで黄旗が出て実質そこで予選終了となり消化不良感が残った。何やってんだーライコー酒足りてないんじゃねぇかー?写真は予選アタック中の小林可夢偉。俺の腕ではこれが精一杯だ。
鈴鹿予選



[前夜祭]
グランドスタンドを開放しての前夜祭では、最後まで残っていたいくつかのチームのピット作業が終わり、チームスタッフ関係者のマラソン大会が行われる中、ホンダRA272のエンジン点火や鈴鹿高校書道部の女子高生達による書道パフォーマンスが行われ、メインは小林可夢偉のトークショー。3回目の鈴鹿ということで最早緊張することもなくなったのだが周囲の人達(特にモニシャCEO)が気を使いすぎて反ってプレッシャーになりそうという話や、翌日の決勝への展望では"情緒不安定なクラッチさん"と"横にいるミサイルっぽい奴(某グロージャン)"がカギになるという話で笑いを誘う。予選4位(繰上げで3位グリッド)という好結果に機嫌も良さそうで帰り際には前列の人達へサイン。あ~羨まし。
鈴鹿前夜祭


[T-SQUAREライブ]
前夜祭後半は場所を移して本記事のメインの筈のT-SQUAREライブへ。ここで突然の雨!天気変わりやすいって聞いてたけどここで雨かい。徐々に雨足が強まり、コースに乗ったラバーが流されないか心配に。ところでライブ始まるけど皆地べたに座ったままで立たないの?フュージョンのライブは座って観るのが流儀なのか?
登場したT-SQUAREはF1日本GPということで、グランツーリスモのテーマ曲などモータースポーツに縁のある曲を大目のセットリスト。前夜祭のおまけみたいな扱いなので見るからにスピーカーがしょぼい。サックス、シンセ、バスドラは良く聴こえるけどその他の楽器が聴こえん。安藤正容のギターもっと聴きたいのに。これでもっと厚みのある音だったら・・・と思うけど、そこはベテラン(Drの坂東慧は若い)なので安定した演奏でなんとかカバー。
最後は皆待ってた、F1には欠かせないTruth。やはりこの曲はスタート前の緊張感を表して心拍数上がるね。ロックに馴染んだ耳にはもっとはっちゃけたら熱いかも、なんて思ったりもするけど、日本のメタルバンドがカバーしたら面白そう。



[10/07 決勝当日]
前日の倍近い人が押し寄せ、場内は更なる熱気に包まれる。
鈴鹿決勝当日

それにしても決勝当日って色々超常現象が起こるみたいだね。前座のFCJやレジェンドF1デモ走行など各セッションの合間に観戦席を離れてそこらをうろつくんだけど、戻る度に持ち物が一つずつ変わってるんだよ、これが。

やっぱりフェラーリウェア着てる人多いね。
レッドブルも人気あるな。
あれ?俺の普通のTシャツがいつの間にかライコネンTに・・・

あー暑い暑い。汗拭こうっと・・・
あれ?ハンカチになぜ可夢偉ロゴが?

ドライバーズパレード写メって友達に送ろうっと
携帯携帯・・・なんでシューマッハポーチに入ってんの?

財布の中に沢山いた諭吉さんもいつの間にかすっかり少なくなってるし、昨日グッズ買いすぎて反省した筈なのに一体何が起こってるんだろう?もうどうにでもな~れ!

西日がキッツイなー
売り子のお姉さ~ん、
ライコネンキャップくださーい☆


鈴鹿って恐ろしいところですね。


[決勝]
いよいよ決勝。
うわーなんだかドキがムネムネするね。

スタートの瞬間は位置的に直接は見れなかったので場内モニターで見たけど、可夢偉が見事2位で1コーナーを駆け抜けたことが分かるとスタンドからは大声援。3列前にいたウェバーファンが「グロージャン死ねー!」と叫ぶ微笑ましい光景もあり。

ベッテルは速過ぎる。1台だけマシンの挙動が違う。奴はPPからスタートさせちゃだめだね。PPからでないと勝てないけど。2位マッサもこれまでサポートすら出来なずにいたことが嘘のように好走。一方、ハミ、ライコネンのペースが伸びない。アロンソリタイアの今、この二人がここで上位に来てくれるとチャンピオンシップが面白くなるんだけど。

終盤は自己ベスト連発で迫りくるバトンと同じく自己ベストで逃げる可夢偉の熾烈な3位争い。客席みんな自分の時計でバトンとの差を測ってハラハラドキドキ。逃げ切ってくれ可夢偉ー。ベッテルはリタイアしていいぞー。マッサもいつものマッサに戻ってもいいんだぞー。

棚ボタでも戦略でもなく力勝負に競り勝って53周を終えた可夢偉には惜しみないカムイコールが送られ、これを生で観られるなんて本当に来てよかったなあと心底思った。


[レース終了後]

オフィシャルさん、夢の国の住人さん、お疲れ様でした。可夢偉の会見中は仕事の手を止めてモニター見ていたことは秘密にしておきます。
鈴鹿マウス

西コースウォークにも参加。ディ・レスタのクラッシュ跡を見たりしながらのんびり歩いたけど広いねー。それに高低差がけっこう激しいね。写真は西ストレート。こんなに角度付いてるとは知らなかった。ちなみにサーキットを歩いて一周すると1時間半くらいかかります。
鈴鹿西コースウォーク



初生観戦でこんな面白いレース見られるなんて俺運良すぎ。ここで人生の運全部使い果たしたわけじゃないよね?まだまだ良い事一杯あるよね?ね?
関連記事
スポンサーサイト

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ T-SQUARE F1日本GP 鈴鹿サーキット 

Secret

TrackBackURL
→http://nyaightrain.blog137.fc2.com/tb.php/254-0d03b13f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。