柴田淳の15周年ライブに行って来ました。昔から存在は知ってはいましたし、相当な美人さんですし、暗めな音楽は概して好みの方なのですが、恋愛偏重な歌詞世界のせいかこれまでスルーし続けていました。
なにより、この系統では鬼束ちひろが圧倒的に好き過ぎて他に目が向かなかったということがあるのです。

それがなぜ急に柴田淳に目が向いたかというと、15周年ベストアルバムのジャケットの美しさに目が惹かれたのは否めない。そしてライブにまで行ってみようと思ったのは、恐らく・・・愛に飢えていたからじゃないでしょうか。

もっともこちらはこちらでtwitter依存症のなんだか面倒くさい性格のようですが、そもそも当方は鬼束ちひろファン。この程度では動じません。twitterは開設初日に炎上させアカウント停止、ライブでは調子ハズレのガラガラ声と供に珍妙なダンスを踊り、テレビでは化粧塗ったくった顔でイナゴ喰う辺りまでは許容範囲内です。


初めて行ったパシフィコ横浜はロビーから海が見えたりしてとても良い立地。3階席だったが、体感では同規模の国際フォーラムよりもステージと近い気がした。

シンプルなステージに表れた柴田淳(39歳)は黒のドレスで登場。張り上げる箇所の歌い方は正直好みではないのだが、囁くような儚げな歌声は美しい。

坂本昌之率いるバンドも卓越した演奏を見せ、音響も非常に良い仕事をしている。同等以上の売り上げを持っているアーティストでもライブでは何故か音響に手を抜く例がしばしばあるのに対し、真摯で丁寧な音作りをしている。このため殆どがスローなバラードであるにも関わらず飽きが来ることはない。

歌声だけでなく喋り声もとても綺麗。慣れないテレビ出演の思い出を話したり、進行を間違え控えめに笑うところなんかも可愛いぞ柴田淳(39歳)!そしてこの声で「私のアイドルです」と紹介されたバンドメンバー、羨ましいぞ!

また、柴田淳(39歳)はなかなかの天然さんのようです。
中盤に直近で歌った3曲の曲名を言い、「次の曲からは曲紹介をしていきます。」と言ったもののその後は本編終了まで曲紹介が挟まれることはなかった。
「言いたい事があったんですけど…やっぱり最後に言います。」と何か意味深な事を言いかけたため、活動休止宣言かな?と思ったら、結局その後は二度と言及されることはなく真相は闇に葬られ、
「アンコールの声が聞こえなかったんで出てきていいのか迷いました。」…いやいや、曲紹介すると言いながらしなかったし、時間が早めだったから本編終了したと皆気が付かなかっただけですから。
面白いキャラしてるぞ!柴田淳(39歳)!

15周年だというのに「今年のスケジュールは白紙です。」という柴田淳(39歳)。そんな事言わずまたライブしてくだされ。2年先まで予定が埋まっているバンドメンバーを集められないなら弾き語りでいいですから。それはそれでいいかもしれない。
スポンサーサイト

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ 柴田淳 

Secret

TrackBackURL
→http://nyaightrain.blog137.fc2.com/tb.php/327-7a8c9da1