上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:

アルバムの出来が過去最高レベルに良かったことでドームでなくスタジアムに複数遠征することを決め降り立った新潟の地。余裕ぶっこいて腹ごしらえしてからシャトルバス乗り場へ向かうと大行列・・・!ああ、忘れていたぜ、ミスチルライブ運営のヘボさを・・・。結局列に並んでからバス乗車まで40分、バスに乗ること30分、会場まで目と鼻の先まで来た所で渋滞により進まず、開演時刻が迫りバスを降ろされた皆は猛ダッシュ開始。

最近の不摂生が祟り重い体に鞭打ち、家族連れをかわし、ハイヒールOLを抜き去り、ビッグスワンへ迫って行く。先頭のオバチャン速ぇ!気付くとオープニングSEが音漏れしているではないか。うわ~始まっちまった~。でもミスチルのオープニングSEは長いからまだ間に合うかもしれん。



以下ネタバレあり注意!!
... 続きを読む

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ Mr.Children 

前もって言っておこうか。ミスチルと出会った中学時代から既に20年が経過し、青春を供に過ごしてきたと言っても過言ではない。思い入れが強すぎて客観的なレビューとは言えず、もはやこの文を読んでも誰の参考にもならないかもしれない。

Mr.Children / Reflection

今年2月に公開されたFCツアーの模様を収めた映画の出来が非常に良かったこともあり、期待する気持ちは大きかったのだが、同時にキャリア20年超のバンドがクリエイティビティの面で大きな飛躍を望むのは難しいことも理解しており、実際に春のツアー(長野公演に参加)では映画で観たほどの迫力を感じられずやはり映画館補正が効いていたのかなと思ったりもして、さらにUSBで1万円という販売形態に対する不信感もあり、率直に言って今作に期待する気持ちと傷つかない為の予防線を張る気持ちとがせめぎあいつつアルバムを聴くことになったわけです。

あ、ちなみに前作のブラッドオレンジは俺の中では無かったことになってます。


... 続きを読む

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:Mr.Children CDレビュー 

motorhead来日だって!?



すげーうれしいけどなんでフジなんだよー

ニーガタなんて辺境の地じゃなくてサマソニかラウパできてくれよー

もうお爺ちゃんだし最後の来日になるかもしれないから単独おねげーしまっす!!

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:Motorhead 

3週間限定公開の映画「Mr.Children Live Film REFLECTION」。2014年9月のファンクラブ限定ライブハウスツアーを映画化したもので、未公開新曲を中心にしたセットリストが注目を集め、またアルバム未発売にて行われる春のアリーナツアーへの前哨戦ともなるものでもあるのです。この上映期間中最後の休日となる日曜に慌てて何年ぶりかの映画館に向かったのです。

あ、ちなみにこのライブハウスツアー、FC会員ではあるものの行ってません。いや、チケット取れなかったから行ってないんじゃない。平日だから都合がつかなかったわけでもない。その…チケット抽選に応募すらしてなかったんです…。いくら仕事をサボることに定評のあるミスチルFC事務局とはいえ、さすがにFC限定ツアーの応募受付開始メールくらいは配信してくれたわけですよ。それをスルーしたのです。ファン歴20年になるこの私が。

思い起こせば過去最低のリピート率となった2012年のアルバム「(an imitation) blood orange」の出来にファンとして大いに不満を持っていました。そのためその後のアリーナツアーの抽選に外れてもあまり落胆せず、その流れもあり、FC限定とはいえどうせいつものコバチルだろうしどうせ倍率高すぎて当選しないだろうし・・・とスルーしてしまったのです。

というわけでファン歴20年で最低レベルに落ち込んだ熱とともに大して期待せずにTOHOシネマズに向かったわけです。
... 続きを読む

↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:Mr.Children 

スラッシュ・フィーチャリング・マイルス・ケネディ・アンド・ザ・コンスピレイターズ単独公演に向け、仕事を定時に切り上げ向かった先は箱は良いのに立地が良くないことで有名な新木場Studio Coast。
スラッシュ・フィーチャリング・マイルス・ケネディ・アンド・ザ・コンスピレイターズは2011年のツアーに来日公演に行くはずだったのだが、震災により中止になってしまった。従って2010年のサマソニ以来のスラッシュ・フィーチャリング・マイルス・ケネディ・アンド・ザ・コンスピレイターズとなる。いや、その頃はまだスラッシュ・フィーチャリング・マイルス・ケネディ・アンド・ザ・コンスピレイターズと名乗ってはいなかったか。ならば俺にとっては今回が初のスラッシュ・フィーチャリング・マイルス・ケネディ・アンド・ザ・コンスピ・・・以降スラバンドと呼ぶことにします。

15分前に開場入りすると・・・え?ガラガラ?これは・・・2階席には幕が掛かり、アリーナ左右はスカスカ。
・・・と思ったら余裕ぶっこいてドリンクチケット引換え飲んでるうちにいつの間にか埋まってきていて急いでアリーナに戻るも中央後ろよりに。

スタン・ハンセンアクセルと違い定時に登場したスラバンドの面々。やはり一際存在感を放っているのはサングラスにチリチリ頭、そしてトレードマークのトップハットを被ったスラッシュ。う~ん、ソロでレスポールを立てて弾く姿がやっぱり絵になるねぇ。
スラッシュとコンビを組んで5年余りになるマイルス・ケネディはスタジオ盤やライブ動画ではキンキンした声が耳につきがちだったものの、生だと気にならない。声も安定し体も引き締まりプロ意識高そう、何よりチラチラ垣間見える性格の良さがアクセル、スコットという人格崩壊系ボーカルに悩まされてきたスラッシュの目に適った要因だろう。

2曲目からは早速のガンズナンバーNightrain。ここでアリーナが爆発・・・しない?てっきりモッシュが起こるものと思っていたのに、みんなその場で飛び跳ねるだけみたいな。後ろの方だったのが良くないのかな?それとも意外な客層の若さ?マイルスのAlter Bridgeのファンが多いのだろうか。

今回はサマソニのとき以上にガンズ曲が多め。You Could Be Mine、スラッシュにしては間奏のソロがかなり長かったRocket Queen、そして今ツアーでセット入りした炎が徐々に燃え盛っていくような展開が堪らないDouble Talkin' Jive

中盤にはベースのトッドがボーカルを取りDoctor AlibiYou're Crazy。この2曲は俺の中でDouble Talkin' Jiveに匹敵する今日のハイライトだったかもしれん。もはやアクセルも歌えないでだろう原曲アレンジのYou're Crazy歌い切って爆発させるとは只者じゃないぞ。

不覚だったのは、World On Fire。てっきり(World On Fire)、(to The Edge)、(Just Trip The Wire)のコーラスパートだけ歌詞覚えておけばOKと思っていたのが、マイルスさんったら自分のパートでマイク向けてくるんですもの・・・。

終盤はスラッシュの貫禄あるギターの音色が堪らないSweet Child O' Mine。やっぱりロビン・フィンクやDJアシュバにはこの温かみある音は出せねーな!唯一VRからのSlither~そしてアンコールはもちろんParadise City
ここで前方に軽めではあるもののモッシュが起こっていることに気付き、混ぜてもらおうと人ごみを縫いながら近づくものの柵に阻まれたり手間取るうちにモッシャー達は既にバテバテに・・・お前らもう少し粘れよ!

スラッシュにはガンズ復帰よりVR再始動を望んでいたんだけれども、何年経ってもボーカル見つからないし、ガンズ曲も一杯やってくれるこのスラバンドでもいいような気がしてきてしまった。今年オズフェスとあるしもう1回来ても構わないんだぜ!?



↓押すなよ!絶対に押すなよ!↓

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



タグ:ライブレポ GunsNRoses VelvetRevolver Slash 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。